青森どうぶつ眼科センター
オリジン・アカナ正規品取り扱しております
求人情報
求人情報・動物看護師

携帯電話からも診察日程を確認できます

トップページ > オリジン・アカナ正規品 取り扱っております > ドッグフードと栄養素 > ペットフードの保存料・酸化防止剤

ペットフードの保存料・酸化防止剤

ドライフードは保存食なので、「酸化防止剤」「保存料」が必要です。
「酸化防止剤」「保存料」といっても人工的な化学薬品を使った「合成」のものと 自然な「天然」のものと2種類あります。

特徴としては、
「合成」のものは効力は非常に強いですが、発がん性や毒性も認められており、吐く、皮膚トラブルなど体への負担もあります。
代表的なもので、「BHA」「BHT」「エトキシキン」「ソルビン酸カリウム」「没食子酸プロピル」などです。

一方「天然」のものは、効力が弱く、体への負担も少ないものです。
よく使われるのは、「ミックストコフェロール」「ビタミンE」「ローズマリー」などです。 効力が弱く長期保存には向かないため、1カ月以内に使い切ることが大切です。

添加物は、体にとって必要な物質ではありません。無いに越したことはないものです。 あまりにも賞味期限が長いものは、それだけ多くの保存料や酸化防止剤を添加しているということです。
病気などで「どうしてもコレしか食べられない」という場合を除いて、 選択肢が他にもあるのであれば「合成」のものは与えないに越したことはありません。
微量とはいえ、毎日摂取するものです。積み重ねは大きいです。

「合成」なものは強力なものを使用しなければならないほど、低質な原材料が使われている場合が多く、 「天然」のものは、そこまで強いものを使用しなくても高品質な原材料が使われている場合が多いです。
またどんなものでも、一旦空気に触れると、湿度や光などで必ず酸化は進むので、早めに使い切ることです。

セミモイストタイプ(半生タイプ)は、水分が多いので、砂糖や防カビ剤、湿潤調整剤などの添加物が使われているので なお要注意です。
特に高齢になってからの健康状態は、若いころからの食事を含む健康管理が影響します。
有害な物質を含まない食事こそが健康の基礎になります。
食事を見直すことで防げる疾患もあるのに・・・と日々感じています。
本当に体にいいものをあげたい、という飼い主さんにオリジン・アカナはオススメです!

品質、栄養バランス、栄養価。良いものがわかる人には、わかるでしょう。