青森どうぶつ眼科センター
オリジン・アカナ正規品取り扱しております
求人情報
求人情報・動物看護師

携帯電話からも診察日程を確認できます

トップページ > オリジン・アカナ正規品 取り扱っております > ドッグフードと栄養素 > 高齢犬・ダイエット

高齢犬・ダイエット

高齢犬にはタンパク質を過剰に与えるのはよくないとされています。
なぜなら、加齢とともに弱まっていく内臓機能に対し、高タンパク質の食事は肝臓や腎臓に負担がかかり過ぎると考えられているからです。

しかし、腎臓疾患に罹っていない高齢犬においては、タンパク質を低く抑えた食事は筋肉の喪失や免疫力の低下、骨粗鬆症をひき起こしかねないということが懸念されます。
タンパク質の割合が腎臓病の発症原因になるわけではなく、腎臓病を患っている場合でも、低タンパクの食事は病気の症状を穏やかにするだけであり、病気そのもののを治癒するものではありません。
高齢だからまたダイエットのためにと、炭水化物(糖質)過剰で、低タンパク質・低脂肪のダイエットフードや食事量を減らすと、 体重は減っても、免疫が低下したり、筋肉が衰え、体力が落ち、やがて寝たきりになりやすい体になってしまいます。
そのため健康な高齢犬、特に運動量の多い高齢犬は、成犬の2倍以上のタンパク質が必要とされます。
高齢になるにつれ、タンパク質を代謝させる機能が低下していきます。だからといってタンパク質の量を減らすのではなく、 活用する機能が衰える分しっかりと摂らないといけないのです。
また筋肉が衰えると関節に負担がかかりやすくなります。
関節に負担をかけないようにするには、筋肉を増やして脂肪を減らすこと。 筋肉が増えると、基礎代謝が高くなって、脂肪がつきにくい、太りにくい体質になります。
筋肉の材料になる肉や魚などの良質なタンパク質とバランスが良い脂肪を適正量摂取することです。
だからといって、運動しないと筋肉はすぐに衰えてしまうので、毎日運動(散歩)をして足腰の筋肉を使うことが、肥満予防の上でも大切です。

orijen_list_04.jpgpackage_as.jpgpackage_lf.jpg
オリジン・アカナの「シニア」、「アカナ ライト&フィット」(ダイエットフード)はどちらも高たんぱく(タンパク質はそのままに)低脂肪の構成になっています。
高齢でなくてもダイエットのために「シニア」でも、 ダイエット目的でなく運動量が減った高齢犬に「ライト&フィット」でも どちらにも対応できます。



package_gl.jpg


ラム肉に含まれるLカルニチンもダイエット効果がありますので、アレルギーが気になるけどダイエットもしたいワンちゃんには「アカナ グラスフェットラム」もオススメです。




ダイエットは「体重を減らすこと」ではなく、バランスの良い食事で栄養を落とさず本来の「適正な体に戻すこと」。
また肉・魚に含まれる天然のグルコサミン・コンドロイチンも豊富なので関節によいサプリメントなど改めて摂る必要もありません。

「もう年だから・・・」と諦めるのではなく、思い切って食事を変えてみるのも一つの手ではないでしょうか。

オリジン・アカナのフードは何歳になったからシニア用に切り替えるというのではなく、その仔の運動量に合わせて今までと比べて運動量が減ったなと思ったらシニアフードに切り替えることをオススメしております。

また、猫の場合、すべてのフードが全年齢対象で、アダルト、ダイエット、シニアによって給餌量で調整していただく形になります。
以前に比べてあまり動かず寝ていることが多くなったら給餌量を参考に少し量を減らしてあげると良いでしょう。